もち麦の豊富な栄養成分を凝縮! 福もち - 桜 | 日本橋本町菓子処

2021/06/23 13:34


日本橋本町菓子処の福もち - 桜は、もち麦が入った餅を桜の葉で包んでいます。
では、このもち麦、いったいどんな食材なのでしょうか?

もち麦は大麦の一種で、私たちが普段食べている白米と比べると粘り気が強く、モチモチした食感が特徴です。
スーパーフードとしても注目されていて、大麦β-グルカンという食物繊維を豊富に含んでいます。
なぜ、もち麦に大麦β-グルカンが多いかといいますと、大麦をもち麦にする際の道程に秘密があります。
もち麦は精麦(加工)時に外皮を取り除いていないので、この外皮に大麦β-グルカンが多く含まれているのです。
大麦β-グルカンは水に溶けやすい特性をもつ水溶性食物繊維で、糖質の吸収を抑えるなど、様々な働きがあります。

●もち麦は食物繊維とミネラルが豊富!


 

もち麦は白米の約20倍もの食物繊維があり、大麦β-グルカンも豊富に含まれています。
大麦β-グルカンは、食べたものの消化吸収を緩やかにするので、糖質の吸収を抑える働きがあります。
そのため食後の血糖値上昇を抑えてくれるので、生活習慣病の予防・改善に効果ありです。
また、水溶性の食物繊維は、腸内で善玉菌のエサになり善玉菌を増やしてくれるので、腸内改善にも期待ができます。
さらに、白米にはほとんど含まれていないミネラル成分がもち麦には豊富に含まれています。
カリウム、マグネシウム、亜鉛、鉄など現代人が不足しがちな栄養素を補給できるので嬉しいですね!

●福もち- 桜はこんな人にオススメ!


福もち- 桜の餅の中にはあんこがしっかりと含まれていて、もち麦によるモチモチした食感と、桜の葉による香ばしい香りが特徴です。
食物繊維が豊富なので、便秘が気になる方、ダイエット中の方、血糖値が気になる方のおやつに食べていただきたいです。
実は大麦β-グルカンの凄いところは、糖質の吸収を抑える働きと食後の血糖値上昇を抑えてくれる効果が次の食事にも続くところなのです。
ダイエット中の間食にはバッチリですね!

また、ミネラル成分も、もち麦には豊富に含まれています。
ミネラルは女性が特に不足しがちな栄養素なので、女性の方にもオススメします!

●もち麦は、福もち – おはぎにも使われています!



栄養満点なもち麦ですが、福もち - おはぎにも豊富に含まれています。
福もち - おはぎはもち麦が入った餅を、あんこで包んでいます。
表面を包むあんこには優しい甘みがあり、温かい緑茶や抹茶との相性が抜群です。

おはぎと言えば、定番の和菓子です。その和菓子の美味しさをそのままに、健康食にした福もち - おはぎもぜひ一度お試しください!

(参考用URL)